東証一部に上場しました!

2019年8月28日。ラクスルは東証マザーズから上場市場の変更を行い、東京証券取引所第1部へ上場しました。
本日はその市場変更の背景、当日の様子についてお伝えできればと思います。

市場変更の背景について

東証一部への市場変更は「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というビジョン実現へ向けた、新たな一歩。
ラクスルが対峙する様々なステークホルダーへの信頼度が高まり、より大きな事業へのチャレンジができる体制となりました。
機動的かつ大規模な資金調達が可能となることで、事業や組織、M&A等に大規模な投資が可能となります。
当社はこれからもワクワク感と共感を大事にしながら攻め続けます。

上場当日レポート

さて、前回のマザーズ上場から早1年と3か月。
今回も当日の社内や現地の様子を余すところなくお伝えします!

上場当日、日本橋にある東京証券取引所にて、上場セレモニーが執り行われました。
役員をはじめ、上場にあたり様々な準備を行ってきた経営管理部、創業期からのメンバーなどが参加し、その記念すべき瞬間を見届けてきました。

<当日のスケジュール>

13:00 役員メンバー、東証の皆様とのご挨拶 

13:05 上場通知書の贈呈&記念撮影

13:20 上場記念の打鐘

14:10 上場セレモニー

 

東証に全員集合後、早速セレモニー会場へと移動。通路に設置されたモニターには「ラクスル」の文字が…!


セレモニー会場に到着すると…テレビでよく見るあの電光掲示板に、ドーンっとラクスルが映し出されています。その様子に会場にいたメンバーも興奮し、写真撮影大会となりました。

そして、いよいよセレモニーの始まり。東証の方への挨拶を終えた役員メンバーを大きな拍手で迎えます。

上場通知書の贈呈。この瞬間、会場の全員の身が引き締まりましたね。

上場通知書の贈呈を終え、全員で記念撮影。1年前のマザーズ上場時に立ち会ったメンバーも多くいたため、1年前を振り返って感慨深そうな姿が印象的でした。

 

そして同じフロアにあるVIPルーム「上場の鐘」をついに鳴らす時が…!「五穀豊穣」に由来し、企業の繁栄を願って5回鳴らすことのできるこの鐘。
5チームに分かれて1回ずつ鳴らしました。

5チーム目は社歴の長いメンバー「レジェンド」3名と社内じゃんけんで見事勝利を勝ち取った3名が鐘を鳴らしました!皆さん嬉しそう!

最後は、役員・社外取締役&監査役の皆様で記念撮影。ガッツポーズ!

社内の様子フォトギャラリー

当日は会場だけでなく、社内も上場お祝いムードに包まれました。
その様子を写真で振り返ります。


▲東証出発前に記念撮影▲


▲当日は会場から生中継を行いました!▲


▲社内にはお祝いのお花が続々!▲


▲上場通知書は目黒オフィスにて飾られます▲

レポートはこちらで以上です。
改めまして、この日を迎えるまでに支えてくださった多くの方々、
そして上場に際し素晴らしいお祝いの数々をお贈りいただいた皆さまに、この場を借りて社員一同心より感謝申し上げます。

 

Related Posts