Raksul Meetup#03
【AWS移行の光と闇】を開催いたしました!

昨日、9月29日(木)に第3回目のミートアップを開催いたしました!

今回は開催タイトルにもあるように、CTO指揮のもと一大プロジェクトとして行ったAWS移行の裏側について、CTO・泉&インフラエンジニア・渡邉のふたりよりトークセッション形式で約1時間たっぷりとお話をさせていただきました。

想いが溢れすぎて少々文字量過多になってしまいまったスライドとともに・・・
みなさん、熱心に耳を傾けてくださっています

 

 

その後の質疑応答でも、たくさんの方から積極的に質問をいただきました。一部を抜粋すると・・・

Q. 何が一番つらかったですか?

A. テストの第一歩を踏み出すこと(泉)。なんでこうしたんだ?!っていう気持ちを抑えること(渡邉)。

Q. 通常開発やりながら移行準備をやるのって大変じゃなかったですか?

A. 随時git merge masterをして追いつかせてはQAをしていました(泉)。通常開発メンバーとは別のメンバーで準備を進めていました(渡邉)。

Q. クラウド選定の基準はなんですか?

A. 日本にリージョンがあり、世の中に人柱がいっぱいいるクラウドを選定しました(泉)。利用スタイルから鑑みてコスト優位だったことも大きいです(渡邉)。

Q. 最低限やっておいてほしかったことなどありますか?

A. ログは綺麗にしておいてほしい。アプリの使ってない機能は消してほしい(泉)。個人アカウントにドメインとか証明書とか情報を紐付けないでほしい。スタートアップではよくある話だが、ある程度の規模になってきたら早めにエイリアスメールに切り替えるのが望ましい。今回は初期に作ったアカウントなどが退職者のメールのままになっていたりして苦労したことが多かった・・・(渡邉)。

などなど、「ちょうどウチでも今、移行を考えています!」というタイムリーな参加者の方からは「移行の実情(大変さ)がリアルに伝わってきて、面白く話を聞きました」というお声もあり、現役エンジニアの皆さんにいろいろな学びを得ていただけたようです。

その後はお待ちかねの☆SUSHI PARTY☆!!

パーティーのために準備したお寿司は400貫!
400貫があれよあれよという間に・・・
お酒を片手にエンジニア談義に花が咲きます
初対面の方も和気藹々!

 

美味しいお寿司とお酒を囲み、気がつけば懇親会は10時近くまで盛り上がり、皆さんにご満足いただけたようで、主催者としても一安心。次回のRaksul Meetup#04は、リクエストにお応えしてボードゲーム大会第2弾!日程ならびに応募フォームは近日中に公開いたしますので、どうぞ楽しみにお待ちください♪

 

Related Posts